沿革

平成19年5月 現社長が、現本社で種苗会社を資本金300万円で会社設立
平成20年4月 独立行政法人農業生物資源研究所から研究受託(5年間)
H20年度「新農業展開ゲノムプロジェクト」~ソルガムの遺伝子単離と機能解明
平成21年4月 財団法人 沖縄県産業振興公社から研究受託
H21年度沖縄イノベーション創出事業~沖縄における種苗知財戦略を核とした重イオンビーム照射による亜熱帯農作物の新品種育成と種苗生産
平成21年12月 独立行政法人 科学技術振興機構(JST)から研究受託
高糖性作物ソルガムを用いた資源・エネルギー循環に関する沖縄モデルの確立
平成22年5月 財団法人 沖縄県産業振興公社から研究受託
H22~23年度おきなわ新産業創出研究開発支援事業~土壌浄化とバイオエタノール生産のカスケード利用に最適化したソルガム品種の開発
平成22年10月 農水省から研究受託
H22年度 緑と水の環境技術革命プロジェクト事業~「沖縄島嶼地域に於ける高収率バイオマス生産事業の創出」に関する調査事業
平成23年2月 沖縄県から事業受託(3年間)
H23年度微生物等を活用した汚染土壌の浄化処理開発事業
平成23年3月 独立行政法人国際協力機構(JICA)⇒大和総研から研究受託
バイオエタノール生産事業調査(BOPビジネス連携促進)
平成24年10月 独立行政法人科学技術振興機構(JST)から研究受託(5年間)
二酸化炭素資源化を目指した植物の物質生産力強化と生産物活用のための基盤技術の創出
平成24年11月 沖縄県から事業受託(3年間)
H24亜熱帯・島しょ型エネルギ基盤技術開発事業
平成25年3月 資本金9,955万円に増資
平成25年12月 ENA(アースノートオーストラリア)設立
平成28年2月 株式会社ステイグリーンとともにオリジナルイネ品種「ふくのさち」登録申請
平成28年11月 東京大学に社会連携講座「育種ゲノミクス」開設
平成29年12月 ENM(アースノートメキシコ)設立
平成30年7月 株式会社ナラハアグリとともに福島県地域復興実用化開発等促進事業「耕畜エネルギー連携による持続的循環型もうかる農業の創出」採択される
平成30年9月 ENB(アースノートブラジル)設立