ソルガムから食用の糖を作る取組み。

多量の糖を茎に蓄積する系統のソルガムは、食用の糖を作るという使い道もあります。
砂糖の主成分であるスクロース(ショ糖)は、グルコース(ブドウ糖)とフルクトース(果糖)が結合した二糖類の一種であり、糖を含む液からスクロースを精製する際、グルコースとフルクトースは結晶化の阻害剤として働きます。
ソルガムの汁にはスクロース、グルコース、フルクトースが含まれており、その糖の総量や含有比率、安定性は系統間のバリエーションが大きいことが分かってきました。
私たちはスクロースの含有比率の高い製糖用の系統も保有しており、今後展開していく予定です。