飼料、糖、燃料など、多用途なソルガム。

北東アフリカが原産といわれ、世界中に伝播して栽培されてきたソルガムは、イネ科モロコシ属の一年草および多年草です。
グレイン(実の部分)は世界の生産面積・生産量が穀物の中でソルガムは第5位であり、とてもメジャーな穀物です。さらにソルガムは穀物としてだけではなく、飼料、糖、燃料などの原料など、様々な用途で可能性がある植物なのです。
ソルガムの用途が様々なのはソルガムには多種多様な特徴を持つ系統があるからです。早く大きく成長する系統、汁が甘い系統、種を多く付ける系統、乾燥に強い系統など、ソルガムには様々な長所を持った系統がたくさんあります。

穂の形態だけを見てもソルガムには多種多様な系統があります。

関連記事

  1. アースノートの研究開発力。

  2. 持続可能な社会を作るためのテーラーメイドソリューション

  3. 優れたエネルギー植物を創り出すために。

  4. 世界に広がるビジネスネットワーク。

  5. 「ゲノム育種」という言葉をご存知でしょうか。